○ブルーノ・タウト(Bruno Taut

ブルーノ・タウト(18801938)は東プロシャの首都ケーニクスベルクに生を受けた。
マクデブルグの役人として建設活動に尽力した。
アルプス建築など表現主義の画集を発表し、ドイツ表現主義の旗頭となった。
1920年代にベルリンに労働者の健康を考えた集合住宅を12000戸建設し、社会主義の建築家として名をはせた。
しかし台頭してきたナチスに睨まれ、憧れていた日本へ亡命のようなかたちでやって来る。
日本では思うような建築活動を行えず「建築家の休日」と自嘲し、高崎の少林山だるま寺の庵にこもった。
そして日本文化を紹介する著作活動に専念した。なかでも「日本美の再発見」は有名である。
1936
年にトルコのイスタンブール芸術アカデミーから教授の声がかかり、トルコへ移住した。
しかし激務の為病を得、1938年イスタブールで客死した。
私は1971~1973年の間ベルリン工科大学ヘルマン・リーチェル研究所に客員研究員として在職していた。
1972年に恩師である建築家武基雄先生の訪問を受けた。
ベルリンは有名建築の宝庫であるから、それらを訪ねて多くの訪問者があった。
多くの方は私が設定する3時間コース、6時間コース等の有名建築訪問で満足していただけた。
しかし、武先生はそうではなかった。「自分はこれと、これを見学したい!」とのご主張があった。
その一つがオンケルトムズヒュッテという場所の集合住宅であった。
この団地には私のドイツ人の友人も住んでいた。武先生ご指定の集合住宅の前を通って友人を訪問した事もあった。
この集合住宅このタウトの設計であった。
この集合住宅を車でご案内したところ、「オー」とおっしゃりそのまま棒立ちになられ、いったいこの方は
どうされたのかと心配したものだった。
その夜ベルリンの拙宅を訪問して下さった武先生はブルーノ・タウトの事を詳しく説明して下さった。
ナチス政権を逃れて来日したタウトを受け入れたのは早稲田の建築学科の先輩たちであった。
早稲田大学と東京大学で講義を行い、武先生は東大の講義にも参加したとのことであった。
かつ集合住宅設計論を直接説明して頂いたとのことであった。
武先生は興奮気味にタウトの事を一方的に話された。
その気迫に圧倒され、なぜオンケルトムズヒュッテの集合住宅で棒立ちになられたのか伺う機会を逸してしまった。
この集合住宅は1932年の作品で、タウトがドイツを脱出する直前のものであった。
タウトが日本で行った講演で使用した作品でないかとかってに想像している。
私も1973年暮れに帰国したのであるが、武先生はその後病魔に襲われ、ついに帰らぬ人になってしまわれた。
「不明な点、疑問に思った点はその場で質問し解決すること」というのがその時に得た教訓である。
兎も角武先生の訪問をきっかけに、1972年以来タウトの作品を追い続けた。
自分では現存するタウトの作品は全て訪問し、写真、図面を集めたつもりである。
それをもとにブルーノ・タウトに関し多くの報文、著作を発表したので、これを紹介する。



(写真はクリックすると拡大されます)

 改修工事が竣工したダーレビツにあるタウト旧宅(2010年6月27日撮影、所有者のディプナー夫人と共に)
田園都市ファルケンベルクの集合住宅玄関 
 ホーエン・シェーンハウゼンの小住宅
 トリエラー通りの集合住宅
   シェーン・ラーカー通りの集合住宅
 ブリッツの馬蹄形住宅

  ブルーノ・タウトにより計画された住宅と暖房設備:設備設計2006年11月号
   ブルーノ・タウトの業績と旧宅の保存事業:月刊建築仕上技術200711月号
   朽ちかけるタウトの家ー故人が設計し暮らした旧東独の住宅、保存の呼びかけ:日本経済新聞2008年7月17日朝刊
   ブルーノ・タウト(Bruno Taut)の作品と建築設備の変遷;空気調和・衛生工学会論文集No. 136,2008年7月
   建築家マックス・タウトの業績と生涯:月刊建築仕上技術200811月号
   ユネスコ世界文化遺産:ベルリンのブルーノ・タウトにより設計された住宅団地:月刊建築仕上技術200812月号
   ブルーノ・タウト設計による円形住宅「チーズ・カバー」月刊建築仕上技術20092月号
   ブルーノ・タウトの業績と旧宅の保存事業:月刊建築仕上技術200711月号
   ブルーノ・タウト設計によるオンケルトムズヒュッテの住宅団地:月刊建築仕上技術2009年3月号
   ブルーノ・タウトが設計したベルリン市プレンツラウアーベルク地区集合住宅:月刊建築仕上技術2009年07月号
   ブルーノ・タウトが設計したベルリン市ヴァイセンゼー地区の集合住宅:月刊建築仕上技術200908月号
   ブルーノ・タウト設計のベルリン市ノイ・ケルン地区の集合住宅:月刊建築仕上技術2009年09月号
   Das Bruno-Taut-Wohnhaus in Dahlewitz: TU International 63 Januar 2009
   ブルーノ・タウト設計による日本における唯一の建築物である旧日向別邸「熱海の家」月刊建築仕上技術2010年3月号
   Bruno Taut in Japan:TUInternational 66 August 2010
   ブルーノ・タウトがベルリン郊外に設計した集合住宅:月刊建築仕上技術201004月号
   Von Tokio nach Dahlewitz: Maerkisches Allgemeine 2008年10月07日号
   ブルーノ・タウトの作品群:月刊建築仕上技術2011年2月号
   建築家ブルーノ・タウトと二人の伴侶月刊建築仕上技術2011年3月号
   建築家ブルーノ・タウトと色彩:月刊建築仕上技術20114月号
   ブルーノ・タウトが使用したドイツの無機塗料:月刊建築仕上技術2011年5月号
   ドイツ・トルコの外断熱最新動向とタウトの作品:月刊建築仕上技術2011年12月号
   ブルーノ・タウトの作品:月刊建築仕上技術2014年3月号
   201246日に日独修好150周年を記念しドイツ文化会館で行ったブルーノ・タウト講演会のチラシ
   ナチス好みの建築とナチスドイツに対する反省:月刊建築仕上技術2014年11月号
   環境建築家ブルーノ・タウト:ビルと環境2015年6月号
   タウトをめぐる思い出、田中辰明×廣瀬正史、NICHE(工学院大学建築学部同窓会誌、2017Vol.40
   ブルーノ・タウト没後80年、ドイツで記念行事、上毛新聞、2019年1月8日
   ブルーノ・タウト没後80年、ドイツで記念展示会(上)熱海新聞、2019年1月15日
   ブルーノ・タウト没後80年、ドイツで記念展示会(下)熱海新聞、2019年1月16日
   Japanischer Architektur Professor besucht Ausstellung zu Bruno Taut, Gemeindejournal Blankenfelde/Mahlow, Januar 2019
   建築家ブルーノ・タウト没後80年の展示会と婦人之友、婦人之友2019年3月号
   ドイツで開催のブルーノ・タウト没後80年を記念する展示会,月刊建築仕上技術2019年3月号
   ブルーノ・タウトに関する考察:日本建築学会学術講演会梗概(北陸)2019年9月
   「ブルーノ・タウトの住宅・集合住宅から学ぶこと」Baubiologie2019.8No.57 & 58
   「ブルーノ・タウトの建築作品」;ブルーノ・タウトの工芸作品、LIXIL出版
   田中辰明訳「ニッポンとブルーノ・タウト」;ブルーノ・タウトの工芸作品、LIXIL出版



主なる著書

田中辰明・柚本玲著:建築家ブルーノ・タウト・・・人とその時代、建築、工芸、2010年オーム社

田中辰明著:ブルーノ・タウト、日本美を再発見した建築家、2012年中央公論新社



http://www.chuko.co.jp/shinsho/2012/06/102169.html

http://honto.jp/netstore/pd-book_25230786.html


田中辰明著:ブルーノ・タウトと建築・芸術・社会、2014年東海大学出版会

https://www.press.tokai.ac.jp/bookdetail.jsp?isbn_code=ISBN978-4-486-02017-2